マンネリ化防止例

1. 各職場に応じた手法による活動
 
職場の主体性を尊重する。無理がなく熱が入る。
2. 少人数化、短時間化
 
1人KY、ワンポイントKY、作業指示KY、現地KYなどは手軽にできる。
3. 安全理念の確立
 
管理職は部下を教育する責任がある。部下は安全に責任を持つ。安全活動にはポリシーが必要。
4. 安全グループ間の相互啓発
 
毎月グループの活動状況を提示する。お互い良いところを真似て競い合う。
5. 優秀グループの表彰
 
グループ員代表と管理者代表により、表彰規定に基づき公平に評価する。
6. 協力会社の安全対策
 
安全衛生委員会に協力会社の代表も参加する。全員参加の意識を盛り上げる。
労災互助会とは
団体概要
労働災害の現状
事業内容
パンフレット・規約
補償制度約款集
詳しいパンフレットはこちらから