団体概要

1. 設立目的
  建設業に係る労働災害の補償に関する調査、研究を行うほか、被災労働者及びその遺族等の援護を図り、 労働者の福祉の向上と建設業の健全な発展に寄与することを目的としています。
2. 事業
( 1 ) 労災補償制度、労災上積み補償制度および労災補償裁判事例の調査研究
( 2 ) 労災補償に関する情報の収集および提供
( 3 ) 労災補償に関する相談、指導および援助
( 4 ) その他本会の目的を達成するために必要な事業
3. 設立経緯等
( 1 ) 昭和50年8月 労働災害に関する事業者の損害賠償責任意識の高まりとともに団体設立、業務開始
( 2 ) 昭和54年7月  労働大臣の許可
( 3 ) 平成17年5月  定款変更に伴い3補償制度(労災上積み補償制度、第三者賠償補償制度、建築・土木・組立工事補償制度)の改定、新設
( 4 ) 平成19年5月 労災互助会規約の平易化、事務の適正化などを図るため規約の改正
( 5 ) 平成25年10月 一般社団法人化
4. 組織
( 1 ) 事務所 〒101-0052
東京都千代田区神田小川町3丁目7番1号
ミツワ小川町ビル5階
TEL:03-3518-6551
FAX:03-3518-6585
URL:http://rousaigojyokai.or.jp/
( 2 ) 役員 会長 1名
副会長 2名
専務理事 1名
常務理事 2名以内
理事 7名以上15名以内
監事 2名以内
5. 会員
  会員は、次の3種とし、正会員をもって民法上の社員とする。
( 1 ) 正会員 本会の目的に賛同して入会した建設業を行う事業主又は事業主の団体
( 2 ) 賛助会員 本会の目的に賛同して入会した事業主もしくは事業主の団体又は個人
( 3 ) 名誉会員 本会に功労のあった者又は学識経験者で総会において推薦された者
6. 入会手続
  正会員又は賛助会員として本会に入会しようとするときは、所定事項を記載した会員入会申込書に別に定める年会費を添えて本会に提出し、本会が受理したときに完了します。
労災互助会とは
団体概要
労働災害の現状
事業内容
パンフレット・規約
補償制度約款集